あめりろぐ

興味のあることいろいろ

人との会話が苦手な方も大丈夫!たった2つの事をするだけでコミュ症克服。

f:id:MiniPop:20160205002420j:plain

 これから春になると新学期や就職・お子様の新学期などにともなって、人と会話をする機会が増える季節ですね。

 

人との会話、特に初対面の人との会話が苦手って方たくさんいます。やはり初めは共通の話題もないし、この人の事しらないし…って少し臆病になってしまって、緊張からまた会話が続かなかったり…。

 

でも人との会話が苦手な方も大丈夫!

たった2つの事をするだけでコミュ症克服できます。

  

 

 

まず1つめ。会話を「質問」で返すだけ!

 

会話はキャッチボールなんて言いますが、人との会話が苦手な人にとってはそのキャッチボールが無理なんだって!って思いますよね。でも会話のキャッチボールは実は簡単なんです。

 

会話の終わりに「相手に対する質問」「?」をつけるだけで会話が途切れることなく続いていきます。


これは仲の良い友人などに対してでも同じですが、

 

「会話の基本は相手の話を聞く事」

 

と思って会話すると、とてもスムーズに、しかも相手も気持ち良くなるので会話もはずみ楽しく会話ができます。人は質問をされて、それに答えて自分の話をしているうちに勝手に相手に親近感を感じるそうです。

 

確かに自分の事ばかり話して、少しもこちらの話を聞いてくれない人とはあまり話す気にはなりませんもんね。

 

例えばこんな時…

 

相手が「天気がいいですねー」と言った事に対して「そうですね」ではこれで会話終了です。

 

こんな進展のないような会話でも「質問」で返すと…

(主婦の場合)「本当ですね。もう洗濯してきました?」

(社会人の場合)「気持ちいいですねー。週末どこか行かれました?」

(学生の場合)「本当だね。最近どこか旅行とか行った?」

 

ここでの「質問」のポイントは「天気が良い」と関係する質問をすることです。

 

突然関係のない質問をされると相手がビックリしてしまうので、例えば天気がいいと、洗濯・旅行・キャンプ・スポーツ・公園・釣り…などなどできる事がたくさんあるのでその事に関する質問をすると会話の流れも変にならずにスムーズに会話のキャッチボールができます。


質問が思いつかない…と思う人もいると思いますが、大丈夫です。質問なんて本当なんでもいいんです。

 

2・3個簡単な質問するだけで自然と会話の流れができ、スムーズに進む事ができます。


もし相手が自分の質問に対して反応が薄かった場合は、少し自分の近況・趣味などを入れるといいです。

 

相手「お久しぶりです。」

自分「お久しぶりです。お元気ですか?」

 

(ちゃんと質問で返したが…)

 

相手「はい。元気ですよ。」

 

(ここで会話が終わりそうですが、自分の近況を含めまた質問で返す)

 

自分「私も元気なんですけど、最近少しダイエットしようと思って運動してるんですよ。なにか運動してます?」

相手「ウォーキングはたまにしますよー。(自分)さんは、どんな運動してるんですか?」などなど

 

相手の方の反応の良くないときは、こちらが少し会話のネタを入れるといいです。

 

 

2つめ。とりあず「すごい」と言う!

 

「すごい」って言う言葉は魔法の言葉だと思います。笑

 

単純な事ですが、人に「すごい」って言われて嫌な気持ちになる人はいませんよね。

 

人は褒められると喜ぶのは分かっていても、これまたなかなか良い褒め言葉が思いつかなかったり、変な褒め方して違うようにとられたり…ってあると思います。

 

どんな場面でも誰にでも使えます!

言い方は相手の方との距離に合わせてください。

 

(とりあえず上司には)「やっぱりすごいですね」

(コンパでひたすら)「すごーい」

(同性の友達に感情こめて)「なんかすごいね」

(興味のないプチ自慢に)「それすごくないですか?」

(びっくりして声にならない風に)「すごい…」

 

 

まとめ

 

人のと会話が苦手だな…と思ってる人も、自分はインタビュアーなんだって思って、相手に質問をして、少しでも褒めるチャンスが来たら「すごい」を言ってみるだけで誰とでも楽しく会話ができるようになりますね。

 

これから初対面の人との会話をする機会も増えてくると思いますが、この2つの事を少し頭に入れて、気軽に人との会話をたのしみましょうー。