あめりろぐ

興味のあることいろいろ

桜の下には死体が埋まっている?!桜の木の移植に厳重な警備をする理由とは。桜にまつわる都市伝説。

f:id:MiniPop:20160202165241j:plain

 

日本人は花見が大好きです。
桜を見ると心が和むし、花見もみんなでワイワイ楽しいですね。

 

そんな平和の象徴のような桜にまつわる
少し怖い都市伝説があるのはご存知ですか?

 

 

 

 

 

桜の木の下には死体が埋まっている?理由は。

 

花見をしている時には考えたこともない(考えなくない)ですが、
桜の木の下には高確率で死体が埋まっているそうです。

 

理由は簡単。

 

「掘り返されにくいから」

 

 

桜は昔から日本人に親しまれ、歴史ある桜の木を多く、桜のたくさん咲いている所はお花見名所になっています。

 

だからこそ掘り返されたり、樹を引っこ抜いたりされる可能性が非常に低いということです。確かに山や適当な場所に埋めると掘り起こされて発見される事がありますね。悪い人たちにとって、桜の木の下は見つかると都合の悪いものや死体の処理に最適ってことですね…

 


上野公園の桜の木の移植工事で厳重な警備体制


お花見の名所として有名な上野公園ですが
以前大規模な桜の木の移植工事が行われました。

 

ただ桜の木を移植させるだけなのに、当日は厳重な警備体制が敷かれ、工事現場の周りには黒いスーツを着た人が沢山ウロウロしていたようです。

 

理由はわかりませんが、何か発見された時にそなえていたのかもしれませんね。

 

まとめ


死体が埋まっている…なんて考えていたらお花見も楽しめないので(笑

 

これはあくまでも都市伝説のネタとしてお花見の席で話して盛り上がってみるのはどうでしょう。

 

 

minipop.hateblo.jp

 

 

minipop.hateblo.jp