あめりろぐ

興味のあることいろいろ

本当は怖い歌だった?「うれしいひな祭り」の歌詞に隠された作者の悲しいエピソード・歌詞の意味とは

f:id:MiniPop:20160202113101j:plain

 

あかりをつけましょぼんぼりに~
お花をあげましょ桃の花~
五人ばやしの〜笛太鼓〜
今日はたのしいひな祭り〜 

 

ひな祭りになるとよく耳にする定番ソングといえば「うれしいひな祭り」ですね。
小さな頃から慣れ親しんだ童謡です。

 

しかし実はこの歌には深い意味があることをご存知ですか?

 

 

 

 


実は怖い歌?歌詞に隠された本当は少し悲しいエピソード

 

お嫁にいらしたねえさまに〜
よく似た官女(かんじょ)の白い顔〜

 

「官女(かんじょ)」というのは、宮中に仕える女官のことです。
この歌の歌詞のなかで、この部分に「どうしてお姉さんをおひな様に例えず、官女なのかな?」と不思議に思った人もいるかもしれません。

 

実は作詞者であるサトウハチローさんの実の姉への鎮魂歌(ちんこんか)という説があるんです。

鎮魂歌(ちんこんか)とは…
死者の魂をしずめるための歌のことを言います。
レクイエムと言う方が有名ですかね。

 

作曲者のサトウハチローさんのお姉さんは、結婚直前に18歳という若さで結核を患い他界してしまったそうです。毎年ひな祭りの時期にこの歌を歌って、お姉さんの魂をしずめるために歌詞に含ませたのかもしれませんね。

 

おひな様に例えるのではなく、官女に例えたのは、官女は多才能で楽器の演奏・歌の詠み・礼儀作法にも詳しい「選ばれし女性」しかなれないものなので、お姉さんはもしかしたら官女に似た素晴らしい方だったのかもしれませんね。

 

 

実は歌詞が間違っていた!お内裏様って男雛のことじゃなかった

 

2番の歌詞の中に出てくる

 

お内裏様(おだいりさま)とお雛様(おひなさま)〜

 

の「お内裏様(おだいりさま)」は誰のことを指しているのか知っていますか?
ほとんどの人が「お内裏様=男雛」と思っているようですが、実は違います。

 

お内裏様とは、男雛(おびな)と女雛(めびな)をあわせた呼び名なんです。
ふたり合わせて「お内裏様」なんです。

 

もともとは「お内裏様」は天皇と皇后を表していて、
内裏雛親王などとも呼ばれるそうです。

 

あれ?

 

もう一度2番の歌詞を確認確認…

 

お内裏様(おだいりさま)とお雛様(おひなさま)〜
ふたりならんですまし顔〜

 

ひえっ!3人おるやん!
正しくは「さんにんならんですまし顔〜」ですね。

 

男・女・女か…複雑な関係っぽいですね。

 


まとめ

 

こどもの頃から、あかりをつけましょ〜ぼんぼりに〜〜なんて陽気に「うれしいひな祭り」を歌っていましたが本当の隠された歌詞の意味を知ると、今度歌うときは少しニヤニヤしたり感情的になったりしそうですね。